TOP > CS川柳の解説とバックナンバー
CS川柳「お客さま/期待は変わるが/調査は同じ」
【解説】
企業によっては、流行っている戦略に飛びついては、
その効果がすぐに現れないとやめてしまうことがあります。
CS活動は短期的な戦略でなく未来永劫に続けていく戦略です。
 

CS川柳 バックナンバー

「お客さま/期待は変わるが/調査は同じ」
【解説】
「毎年同じ調査の繰り返しで
マンネリ化したものになっていないか」
「天こ盛り/やることばかりで/やる気でない」
【解説】
CS向上を目指し、○○をやるぞ、と意気込んだものの、
いざ蓋を開けるとやることばかりで、
何から手を付けて良いのか分からない状況に。
CSは一朝一夕で変わるものではありません。
一歩一歩、着実に改善を続け、まさに継続は力として
活動にあたることが大切です。
「儲かれば/顧客理解/そっちのけ」
【解説】
利益がでていれば顧客のことに目を向けず
邁進する企業姿勢はいかがなものか。
「今、満足/でもお客様は/浮気者」
【解説】
現在、満足していても、商品・サービスが変わったり、
お客様の意識が変われば見る視点も変わってくる。
満足していても安心できない。
「経年比較/重んじすぎて/霧の中」
【解説】
経年比較に目が行き過ぎて、
結果のどこからどう手をつければいいのか
わからなくなる。
「失敗も/明日に生かせば/我が力」
【解説】
CS活動においてPDCAは欠かせないサイクルであり、
振り返り、レビューがとても大切である。
ミスや失敗に蓋をしたり、落ち込むだけでは何も変わらない。
何故失敗したのかきちんと振り返り、
経験値として次回の成功に活かすことが肝要である。
「不満との/声が聞けたら/しめたもの」
【解説】
何が不満かお客様からの意見があれば改善策など検討できる。
しかし意見がなければ先に進まない。
「上がるほど/やっぱりうれしい/満足度」
【解説】
単純に満足度が上がればいいというものではないことはわかっていても、
満足度が上がっているのをみるとうれしくなる。
 
コンテンツインデックス
はじめてのCS調査
不滅のCS経営
CS川柳受賞作品と解説

CS川柳の解説とバックナンバー
お問合せフォームへ
お電話は03-3578-7601

JMARのCS調査の特長
CS調査実績のご紹介